HideChilds = False
SystemName = NewsItem
 

サノフィ、バイオベラティブを116億ドルで買収

• サノフィのスペシャルティケアにおけるプレゼンスと希少疾患領域におけるリーダーシップを強化
• 成長中の血友病市場のリーダー企業として、希少血液疾患における成長基盤を確保
• 株主価値を大きく高め、ROIC(投下資本利益率)では3年以内に投資額を回収する見込み
• サノフィの利益と利益成長率の持続的成長を強化
• 1株当たり事業純利益が速やかに向上[1]
カテゴリ:
印刷用
2018年1月25日 23:00
本資料は、米バイオベラティブ社が 2018年1月22日(現地時間)に発表したプレスリリースを日本語訳として発表させていただくものです。よって必ずしも日本の状況を反映したものでないことをご了承ください。内容につきましては原本である英文が優先します。

フランス・パリ、マサチューセッツ州ウォルサム 2018年1月22日 – サノフィと、血友病をはじめとする希少血液疾患に特化したバイオ医薬品企業のバイオベラティブは、サノフィがバイオベラティブの発行済み株式の全てを1株あたり105ドルの現金で取得し、総額約116億ドル(完全希薄化ベース)で買収する最終契約に達したことを発表します。本取引は、サノフィ、バイオベラティブ双方の取締役会において満場一致で承認されました。

サノフィ最高経営責任者(CEO)のオリヴィエ・ブランディクールは、次のように述べています。「拡大しつつある血友病市場のリーダー企業であるバイオベラティブとともに、サノフィは、スペシャルティケアにおけるプレゼンスと希少疾患領域におけるリーダーシップを強化し、『2020ロードマップ』の実現に向け前進し、血友病以外の希少血液疾患領域における成長の基盤を築きます。半減期延長型血液凝固因子製剤を用いた新たな標準治療の提供において、バイオベラティブは成功を収めています。この成功をもとに、両社は今後革新的な治療薬を世界中の患者さんにお届けする大きなチャンスを得ました。 私たちは科学的知見、希少血液疾患領域における専門性と開発力を結集し、株主にとっての価値を高め、画期的治療薬を患者さんにお届けできるよう努力していきます」

バイオベラティブの最高経営責任者(CEO)のジョン・コックスは、次のように述べています。「バイオベラティブは、血友病をはじめとする希少血液疾患の患者さんの治療に意義ある進歩をもたらす目的で設立された企業です。昨年は、この使命の実現に向け大きく前進できました。そのことを非常に誇りに感じています。Eloctate (イロクテイト®静注用)とAlprolix (オルプロリクス®静注用)は、血友病患者さんの日々の暮らしを改善しており、私たちはこれら製品の成功の上に、希少血液疾患の患者さんに向けた新たな開発プログラムを構築してきました。サノフィは高い能力とグローバルなインフラをもち、私たちの医薬品の全世界でのアクセスを速やかに確保し、希少血液疾患の患者さんの生活を改善するという私たちの使命を実現できると信じています。当社会長のブライアン・ポスナー、取締役会ならびに私は、バイオベラティブが株主にとって意義ある価値を生み出すだけでなく、今回の契約が私たちに投資し、使命に力添えしてくださる株主に大きな価値をお届けできると信じています」

世界有数の血友病ポートフォリオが誕生
世界での患者数18万1,000人[2] 、年間売上約100億ドルの規模を持つ血友病は、希少疾患領域において最大の疾患であり、2022年までに毎年7%以上の成長[3] が予測されています。血友病の標準治療法は変わりつつあり、治療選択肢は定期補充療法や半減期延長型製剤に移行し、新薬の開発や医療現場での使用も進んでいます。

バイオベラティブは、半減期延長型製剤として、血友病A治療薬の Eloctate® (イロクテイト®静注用) [遺伝子組換え血液凝固第VIII因子Fc領域融合タンパク質製剤]と血友病B治療薬のAlprolix® (オルプロリクス®静注用) [遺伝子組換え血液凝固第IX因子Fc 領域融合タンパク質製剤]を販売しています。両製品は上市時には、約20年ぶりの新たな血友病治療薬として発売されました。2016年、バイオベラティブの売上は8億4,700万ドル、ロイヤルティ収入は4,100万ドルでした。

バイオベラティブは現在、米国、日本、カナダとオーストラリアで2製品を販売しており、他地域での販売も計画しています。これら製品は、欧州連合(EU)やその他の国々において業務提携を締結し、販売されています。

サノフィは、凝固因子補充療法は安全性が高いこと、また半減期延長型製剤の薬物動態特性が向上しつつあることから、今後も長年にわたり血友病の標準治療法としての使用が継続すると考えています。サノフィは、同社が持つインヒビター発現例を含む血友病A患者および血友病B患者に対するRNA干渉(RNAi)治療薬であるfitusiranに対し、バイオべラティブの臨床経験と営業基盤を活用できるようになります。サノフィはこのほど、希少疾患領域におけるAlnylam Pharmaceuticals社との契約を改定し、fitusiranの全世界における開発・販売の権利を取得しました。

サノフィのスペシャルティケアにおけるポートフォリオの強化
サノフィの「2020ロードマップ」の優先事項の一つが「ポートフォリオの再形成」であり、サノフィが現在リーダーシップを持つ、あるいは効果的にリーダーシップを構築できる分野への集中を行っています。バイオベラティブが加わることにより、他社とは異なる革新的医薬品を提供できるポートフォリオが追加され、この優先事項が実現できることに加え、希少血液疾患事業の成長基盤を得ることでスペシャルティケア領域でのサノフィのプレゼンスが高まり、希少疾患におけるリーダー企業としての地位がさらに強化され、患者さんのニーズに応えることが可能となります。

販売中の2製品以外のバイオベラティブの開発品には、寒冷凝集素症に対する治療薬が開発第III相にあり、血友病や、鎌状赤血球症やβサラセミアなどの希少血液疾患領域における初期研究プログラムと共同研究が実施中です。サノフィの研究開発部門は、バイオべラティブの重要な治療薬を患者さんにより早く提供できるよう支援します。また、サノフィのグローバルプレゼンス、スペシャルティケア製品の上市実績、主な新興市場における活動基盤は、バイオべラティブが現在有し、今後開発する製品の成長機会を大いに高めることが期待されます。

株主価値の上昇
バイオベラティブが加わることにより、サノフィの株主価値の大きな向上が期待され、バイオべラティブの成長中の製品により堅調なキャッシュフローが得られ、サノフィの財政・事業規模が拡大すると期待されます。今回の買収により、2018年度のサノフィの1株当たり事業純利益は直ちに上昇し、2019年度には最大で5%の上昇が期待されます。サノフィは、3年以内にROIC(投下資本利益率)が資本コストを上回ると試算しています。サノフィは、同社の高い信用格付けに変更はないと考えています。

取引条件
合併契約の条件に基づき、サノフィは株式公開買い付けを開始し、バイオベラティブの全ての発行済普通株を1株あたり105ドルの現金で取得します。1株あたり買収額である105ドルは、バイオべラティブの2018年1月19日終値に対して64%を上乗せした水準です。

本公開買付の成立は、バイオベラティブの発行済み株式の過半数の買付、署名時に提出された税金に関する意見書の再提出、ハート・スコット・ロディノ反トラスト改正法(Hart Scott Rodino Antitrust Improvements Act)に基づく待機期間の終了、規制当局からの許可取得などが条件となります。公開買付けの終了後は、サノフィの完全子会社がバイオベラティブと合併し、公開買付けに応募されなかったバイオベラティブの発行済み株式は、本公開買付けにおける買付け価格と同額の1株あたり105ドルの現金を受け取る権利に転換されます。公開買付けは、2018年2月に開始する見込みです。
サノフィは、今回の取引費用を手元現金と新たな借入金で調達します。本公開買付けは、本件取引の成立条件となっていません。本件取引は、通常の取引完了条件の充足または放棄を条件に、3カ月以内に完了する見込みです。

サノフィの専任財務アドバイザーは、Lazardが務めています。バイオベラティブの財務アドバイサーは、Guggenheim SecuritiesとJ.P. Morgan Securities LLCが務めています。サノフィの法律顧問は、Weil, Gotshal & Manges LLPが務めています。バイオベラティブの法律顧問は、Paul, Weiss, Rifkind, Wharton & Garrison LLP が務めています。

  1. 1株当たり事業純利益は、一般会計原則(GAAP)に調整を加えた財務指標です(定義はサノフィの四半期報告書を参照ください)
  2. 出典:WFH 2016, MRB 2016, ATHN 2016, Evaluate Pharma
    血友病の診断を受けた患者数約181,000名に対し、推定患者数は約400,000名です。
  3. 出典:WFH 2016, MRB 2016, ATHN 2016, Evaluate Pharma

サノフィについて
サノフィは、健康上の課題に立ち向かう人々を支えます。 私たちは、人々の健康にフォーカスしたグローバルなバイオ医薬品企業として、 ワクチンで人々を守り、革新的な医薬品で痛みや苦しみを和らげます。 希少疾患をもつ少数の人々から、慢性疾患をもつ何百万もの人々まで、寄り添い支え続けます。
サノフィでは、100カ国において10万人以上の社員が、革新的な医科学研究に基づいたヘルスケア・ソリューションの創出に、世界中で取り組んでいます。
サノフィは、「Empowering Life」のスローガンの下、ヘルスジャーニー・パートナーとして人々を支えます。

バイオベラティブについて
バイオベラティブは、血友病などの希少血液疾患領域に特化したグローバル・バイオテクノロジー企業です。 革新的な治療薬の世界レベルの研究開発とその製品化を通じて、患者さんの人生を変えることに貢献すべく、2017年2月1日バイオジェンの血液病事業から分社して業務を開始しました。バイオベラティブは、バイオジェンの科学的イノベーションの基盤を受け継ぐとともに、血液疾患の患者コミュニティと積極的に協働し、患者さんが最も必要とすることに進歩を生み出すことをミッションとしています。バイオベラティブの開発した血友病治療薬は、20数年ぶりに血友病治療の進展に大きく貢献しました。
バイオベラティブは本社をマサチューセッツ州ウォルサムに置くNASDAQ上場企業です。
詳細は www.bioverativ.com をご覧ください。